2004年11月

2004年11月30日

Aristotle on Truth

Paolo Crivelli, Aristotle on Truth, Cambridge, Sept. 2004.

アリストテレスの真理論というそれほど研究がないトピックについて研究書がでています。一部公開されていて、そこで著書は問題領域の地図を描いてくれています。興味深く読みました。しかし、公開されているのが(Introduction の) 途中までで、欲求不満に陥ります。

pb 版がでたら、入手しようと思います。

Contents
続きを読む

barbara at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)哲学 

Newton: Philosophical Writings

Andrew Janiak, Newton: Philosophical Writings, Cambridge University Press, November 2004.

ニュートンの哲学論文英訳集がでました。魅力的です。

Contents
続きを読む

barbara at 06:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)哲学 | 購入候補

Evolutionary Theory and the Reality of Macro Probabilities

Sober の新しい論文が公開されています。

Elliot Sober, "Evolutionary Theory and the Reality of Macro Probabilities" in E. Eells and J. Fetzer (eds.), Probability in Science, Open Court, forthcoming.

科学理論上の確率に関する道具主義的解釈を排し、実在論的理解を提唱するもののようです。おもしろそうですが、丁寧に読むのはたいへんそうです。

barbara at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)哲学 

2004年11月27日

Knowledge and Demonstration

Orna Harari, Knowledge and Demonstration: Aristotle's Posterior Analytics, The New Synthese Historical Library Vol.56, Berlin: Springer, 2004. IX,161p.

『分析論後書』の新しい研究書がでました。頁数があまりなく、紹介や目次からもあまり惹かれません。ハードだけですし、高価です ($119.00)。

目次と紹介
続きを読む

barbara at 04:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)哲学 

2004年11月25日

Posthumous Writings

Gottlob Frege, Posthumous Writings, Oxford: B.Blackwell, 1979. pb.

Amazon Marketplace で注文した本が昨日届きました (1310+340)。新品状態でした。

barbara at 04:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)哲学 

2004年11月23日

Lonely Runs Both Ways

Alison Krauss and Union Station, Lonely Runs Both Ways, 2004.

今日23日リリースです。

Rounder サイトで全曲試聴可。PV もあります。

CMT はフルで試聴可。

barbara at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(1)音楽 | 購入候補

2004年11月21日

One More Time

Golden Cups の映画 One More Time が 11/20 から一般公開されているようです。

現在の上映予定は、テアトル新宿と1月からの横浜 MOVIX 本牧のみです。

各関連サイトは賑わっています。

Golden Cups 公式サイト

本牧ゴールデンカップ special Live


映画『ワンモアタイム』公式サイト
出演者

東芝 EMI
Blues of Life [Best CD]
One More Time [2003 Live]

P-Vine
THE GOLDEN CUPS 10CD BOX reissue

小学館
San Ma Meng (サン・マー・メン)著『ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム』

追記)11.25

「今日の全書籍」に次の本がありました。小学館とは別のようです。
『ザ・ゴールデン・カップスワンモアタイム』アルタミラミュージック / インフォバーン 写真集+映画ブックレット; 1905円; 778.21; 04060411; 4-901873-38-5


バラカン氏が Golden Cups をかけたようです。
映画公開にちなんでだと思いますが、
聞き逃したので、コメントが気になります。

ウィークエンド・サンシャイン2004年11月20日
The Golden Cups "This Bad Girl"
The Golden Cups "Lucille "

BARAKAN BEAT 11月21日
GOLDEN CUPS "THIS BAD GIRL"

barbara at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)音楽 

細胞の分子生物学

ブルース・アルバーツ,アレクサンダー・ジョンソン他『細胞の分子生物学』第4版, 中村桂子・松原謙一 監訳, ニュートンプレス, 2004.

第4版の邦訳がでました。上のリンク先から本書項目一覧 (PDF)他を DL 可。

Bruce Alberts, Alexander Johnson, Julian Lewis, Martin Raff, Keith Roberts, Peter Walter, Molecular Biology of the Cell, Fourth Edition, Garland, 2002.

The National Center for Biotechnology Information (NCBI)

barbara at 09:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生物学 

2004年11月19日

「進化」大全

カール・ジンマー『「進化」大全 ダーウィン思想:史上最大の科学革命』渡辺政隆 訳, 光文社, 2004.



が発売されました。

PBS の番組 Evolutionコンパニオン・ブックです。
HarperCollins, Trimsize: 8 x 10; Pages: 384.
Random House, 514 pages, 197x130mm.

追記)11.25.

Carl Zimmer, Evolution: The Triumph of an Idea, New York: HarperCollins, 2001.

Amazon より入手しました (2048)。

追記)
2005.2.22.
邦訳版 (Y! Auction, 3600+450)

目次続きを読む

barbara at 04:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生物学 

2004年11月18日

進化とゲ−ム理論

ジョン・メイナ−ド・スミス『進化とゲ−ム理論: 闘争の論理』寺本英・ 梯正之共訳, 産業図書, 1985.

Y! auction で落札した本が届きました (1200+210)。

ジョン・メイナード=スミス氏は、今年の4月に亡くなられました。

Evolutionary biologist John Maynard Smith

略歴
その後の訳書(略歴に記載以外にも訳書があります)
『生命進化8つの謎』(エオルシュ・サトマーリと共著)長野敬訳, 朝日新聞社, 2001.
『生物は体のかたちを自分で決める』竹内久美子訳, 新潮社, 2002.

京都賞贈賞理由「進化的に安定な戦略(ESS)の概念提唱による生物科学への貢献

barbara at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生物学