購入候補

2006年01月15日

わが心のジョージア

レイ・チャールズ&デイヴィッド・リッツ『わが心のジョージア〜レイ・チャールズ物語〜 』吉岡正晴 訳・監修, 戎光祥出版, 2005.

こんなのが出ていたのは知らなかった。映画公開に合わせての出版だったようだ。

Ray Charles & David Ritz, Brother Ray: Ray Charles' Own Story, Doubleday, 1978, Da Capo, 1992, 2003.

barbara at 14:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年01月14日

Philosophy, Biology and Life

Anthony O'Hear ed., Philosophy, Biology and Life, Royal Institute of Philosophy Supplements, 2006.

Contributors
Rom Harre, Gregory Radick, Giovanni Boniolo, Mary Midgley, Michael Ruse, Elliott Sober, Anthony O'Hear, Tim Lewens, John Dupre, Matthew Ratcliffe, Friedel Weinert, Michael Wheeler, David Papineau

barbara at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月13日

経験論と心の哲学

W.S.セラーズ『経験論と心の哲学』神野慧一郎・土屋純一・中才敏郎 訳, 勁草書房, 2006.

Wilfrid Sellars, "Empiricism and the Philosophy of Mind", 1956,1963.

web 版

マクダウェル (Mind and World, 1994,1996) 関連で意識し、それまで言及されていた記憶がない。
本になったのも、関連書が出たのも、そのあとだから、多分マクダウェルのせいだろう。

barbara at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月10日

ブレインワイズ

P.S.チャーチランド『ブレインワイズ―脳に映る哲学』村松太郎 訳, 創造出版, 2005.

原著
Patricia Smith Churchland, Brain-Wise: Studies in Neurophilosophy, MIT, 2002.

Neurophilosophy, 1986. の続きらしい。

Reviewed by Anthony Landreth (pdf)
Human Nature Review 3 (2003) 455-458


barbara at 10:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月29日

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏

barbara at 02:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月23日

A Companion to Socrates

Sara Ahbel-Rappe and Rachana Kamtekar eds., A Companion to Socrates, Oxford: Blackwell, 2005.(Dec)

近現代への影響も扱われる。

Contents続きを読む

barbara at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月20日

A Brief History of Happiness

Nicholas White, A Brief History of Happiness, Blackwell, Coming Soon.

barbara at 06:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月18日

The Cambridge Companion to Kant and Modern Philosophy

Paul Guyer ed., The Cambridge Companion to Kant and Modern Philosophy, Cambridge, 2006.(June)


Paul Guyer ed., The Cambridge Companion to Kant, Cambridge, 1992.

の第2版が出るということでしたが、これのことなのでしょう。
イントロ以外は差し替えられています。
重複が予想されるのは、次くらいです。

5. Causal laws and the foundations of natural science, Michael Friedman; 1992
9. Philosophy of natural science, Michael Friedman; 2006

8. The critique of metaphysics: Kant and traditional ontology, Karl Ameriks; 1992
8. The critique of metaphysics: the structure and fate of Kant’s dialectic, Karl Ameriks; 2006

contents続きを読む

barbara at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年12月12日

言語哲学

W.G.ライカン『言語哲学』荒磯敏文・川口由起子・鈴木生郎・峯島宏次 訳, 勁草書房, 2005.

確か、同出版社の服部裕幸『言語哲学入門』(2003) のあとがきか何かで優れた入門書として言及されていたように思います(これは立ち読みのみです)。それを契機に翻訳されたのかも知れません。

原著

William G. Lycan, Philosophy of Language: A Contemporary Introduction, Routledge, 1999.

1998年から始まったシリーズ Routledge Contemporary Introductions to Philosophy の最初の1冊だったはずですが、出版が遅れたのだったと思います。注文して未刊でキャンセルされ、未入手のままです。このシリーズは3冊入手しました。

HPで検索すると、
Christopher Shields, Classical Philosophy, 2003.
というギリシア哲学案内もありました(Amazon のカートに入っているかもしれませんが、忘れました)。

Lycan 著作

Logical Form in Natural Language, MIT Press, 1984.

Knowing Who (with Steven Boër), MIT Press, 1986.

Consciousness, MIT Press, 1987.

Judgement and Justification, Cambridge University Press, 1988.

ed., Mind and Cognition, Basil Blackwell, 1990, 2nd edition, 1999.

Modality and Meaning, Kluwer Academic Publishing, 1994.

Consciousness and Experience, MIT Press, 1996.

Philosophy of Language: A Contemporary Introduction, Routledge Publishers, 1999.

Real Conditionals, Oxford University Press, 2001.

barbara at 01:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年12月09日

Teleological Realism

MIT 割引案内から、気になる本。
それぞれ pdf 見本あり。
Fred Sommers, "Intellectual Autobiography" も DL 可。 

Scott Sehon, Teleological Realism, MIT, 2005.(August)

David S. Oderberg ed., The Old New Logic: Essays on the Philosophy of Fred Sommers, MIT, 2005.(June)

David J. Buller, Adapting Minds: Evolutionary Psychology and the Persistent Quest for Human Nature, MIT, 2005.(April)

barbara at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)