哲学

2005年12月18日

The Cambridge Companion to Kant and Modern Philosophy

Paul Guyer ed., The Cambridge Companion to Kant and Modern Philosophy, Cambridge, 2006.(June)


Paul Guyer ed., The Cambridge Companion to Kant, Cambridge, 1992.

の第2版が出るということでしたが、これのことなのでしょう。
イントロ以外は差し替えられています。
重複が予想されるのは、次くらいです。

5. Causal laws and the foundations of natural science, Michael Friedman; 1992
9. Philosophy of natural science, Michael Friedman; 2006

8. The critique of metaphysics: Kant and traditional ontology, Karl Ameriks; 1992
8. The critique of metaphysics: the structure and fate of Kant’s dialectic, Karl Ameriks; 2006

contents続きを読む

barbara at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年12月12日

言語哲学

W.G.ライカン『言語哲学』荒磯敏文・川口由起子・鈴木生郎・峯島宏次 訳, 勁草書房, 2005.

確か、同出版社の服部裕幸『言語哲学入門』(2003) のあとがきか何かで優れた入門書として言及されていたように思います(これは立ち読みのみです)。それを契機に翻訳されたのかも知れません。

原著

William G. Lycan, Philosophy of Language: A Contemporary Introduction, Routledge, 1999.

1998年から始まったシリーズ Routledge Contemporary Introductions to Philosophy の最初の1冊だったはずですが、出版が遅れたのだったと思います。注文して未刊でキャンセルされ、未入手のままです。このシリーズは3冊入手しました。

HPで検索すると、
Christopher Shields, Classical Philosophy, 2003.
というギリシア哲学案内もありました(Amazon のカートに入っているかもしれませんが、忘れました)。

Lycan 著作

Logical Form in Natural Language, MIT Press, 1984.

Knowing Who (with Steven Boër), MIT Press, 1986.

Consciousness, MIT Press, 1987.

Judgement and Justification, Cambridge University Press, 1988.

ed., Mind and Cognition, Basil Blackwell, 1990, 2nd edition, 1999.

Modality and Meaning, Kluwer Academic Publishing, 1994.

Consciousness and Experience, MIT Press, 1996.

Philosophy of Language: A Contemporary Introduction, Routledge Publishers, 1999.

Real Conditionals, Oxford University Press, 2001.

barbara at 01:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年12月09日

Teleological Realism

MIT 割引案内から、気になる本。
それぞれ pdf 見本あり。
Fred Sommers, "Intellectual Autobiography" も DL 可。 

Scott Sehon, Teleological Realism, MIT, 2005.(August)

David S. Oderberg ed., The Old New Logic: Essays on the Philosophy of Fred Sommers, MIT, 2005.(June)

David J. Buller, Adapting Minds: Evolutionary Psychology and the Persistent Quest for Human Nature, MIT, 2005.(April)

barbara at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月07日

Aristotle on Teleology

Monte Ransome Johnson, Aristotle on Teleology, Oxford: Oxford University Press, 2005. (Nov.)

pdf 見本
Introduction
1 Historical background to the interpretation of Aristotle's teleology

Monte Ransome Johnson
CV あり

アリストテレス前と18世紀の歴史問題がポイントらしい。そうした点は有難いけれども、とりあえず pb 待ち。

目次
続きを読む

barbara at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月01日

発想論・弁論術の分析

『発想論・弁論術の分析』片山英男 訳「キケロー選集6 修辞学I」岩波書店, 2000.
(N.F.,2600+350)

岩波キケロー選集は背中が数字だけでどれに何が入っているのかよくわからず不便です。実用よりも美観を意図したのでしょうか。

一覧がサイト上にも見つからないので自分で作成してみて本巻を発見。

この本を知ったのは、数十年前ベーコン関連だった気がしますが、読んでみたい本でした。

「極美」という記載通りの状態。月報に親しい名前を発見。

barbara at 17:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年11月21日

Natural Deduction

Dag Prawitz, Natural Deduction: A Proof-theoretical Study, 1965, rep. Dover, 2006.(01/16)

驚嘆の安さで再刊。

barbara at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月17日

Aristotle's Politics

Richard Kraut and Steven Skultety eds., Aristotle's Politics: Critical Essays on the Classics Series, Rowman & Littlefield, 2005.


Brian Davies ed., Aquinas's Summa Theologiae, Critical Essays on the Classics Series, Rowman & Littlefield, 2005.

contents

続きを読む

barbara at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月15日

Gottlob Frege: Critical Assessments

Michael Beaney and Erich H. Reck eds., Gottlob Frege: Critical Assessments of Leading Philosophers, London: Routledge, 2005.

収録論文については、
Michael Beaney HP の contents (pdf)

全67論文のうち、最も古いのが 1986年。

H.Sluga ed., The Philosophy of Frege, 4 vols., New York: Garland, 1993.

を引き継ぐ意図もあり、Sluga との重複は2論文だそうです(Genaral Introduction pdf による)。

barbara at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

A Companion to Rationalism

Alan Nelson ed., A Companion to Rationalism, Oxford: Blackwell, 2005.

Blackwell Companions to Philosophy シリーズ新刊。

barbara at 21:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)